発寒神社へ行ってきた。

こんにちは。0606です。

北海道札幌市西区にある発寒(はっさむ)神社へ参拝に行ってきました。

 

 

 

 

神社参拝は月の1日か15日が一般的に良いとされていますが、私はたまたまネットで神社参拝に行ってはいけない日というサイトを見つけまして、2023年なら1月から12月までずらっとこの日はダメですという日が掲載されていて、そういった日をずらして神社参拝へ行っています。

ちなみに、1日・15日でも行ってはいけない月がありまして、信じる人は報われるではないけど、僕は1日・15日でも縁起の悪い日は神社参拝へは行きません。

 

神社参拝のきっかけは、体調不良などもあり氏神様に参拝すると効果があるという情報を知り毎月参拝へ行くことが習慣づきました。

参拝の効果はというと、どうなのか?それは現状維持が続いている感じですね。

これが良いのか悪いかは参拝というより自分の普段の行い次第だと思うので何とも言えませんが、はここ最近メンタルが安定しているので良しとしようと思っています

 


(境内には電光掲示板がありました)

 

僕は参拝・祈願している時は、自分の内面と向き合うのである種セラピーのような効果があると確信しているのでメンタル的に弱っている時に神社へ行ってみるのも良いかと思います。

 

 

発寒神社は札幌市内で2番目に古い神社で、1856年に創建されたそうです。境内には復元されたストンサークルもありますが、中身はシートに覆われていて見れないのが残念です。

 

 

発寒神社自体、JR発寒中央駅から徒歩数分の何の変哲もない所といったら失礼ですが、歴史のある神社のわりには周囲が栄えて、商業施設があったり高層マンションが多かったりというような土地柄ではなく、社周辺は昔からあまり集落が大きいものではなかったと思われます。

JR発寒中央駅自体やその周辺もスーパーや消防署、学校などありますが、どちらかというとこじんまりとした印象です。

 

昔から発寒神社へ参拝する時は、例えば琴似方面や宮の沢方面(札幌エリアの話ですみません)から人々が出向いていたのではないかと僕は思います。

 


発寒神社は正直、小さいです。木々も樹齢数百年のような大きいものは目立ってないような気がしますし、鳥居から神殿へたどり着くのに時間はかかりません。ですが、しっかり掃除が行き届いていて、それに、人を払いのけるという寄せ付けない雰囲気とはまるで正反対で「誰でも参拝していいですよ」というような、それでいて神聖な雰囲気を醸し出しています。

 


神社への参拝・祈願は、神様に見透かされているといわれています
基本的に感謝の気持ちを神様に表す事を主題に置き、願い事やご利益はあまりしない方が良いらしいです。(ついついお願い事をしてしまいますけどね)それより家族や他人が幸せになりますように、と願うことを主観におきながら感謝の念を込めて参拝するのがよいと聞きます。


僕は、参拝する時は心を無の状態にもっていきながら、心を内省して神様に感謝の念を語りかけるかたちで参拝しています。

 

これからも他の神社やHSP関連の情報を投稿していこうと思います。

 

読んで頂いてありがとうございました。 0606

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました